2010/11/10

そこにある意味

普段はあまり見ないテレビ
何気なくつけた番組、世界仰天ニュースで
「難病と戦う少女」と言う特集を組まれていた。守井朝陽ちゃん。
驚いたことに娘と全く同じ病名だった
タイトルから、若く亡くなってしまうのは想像出来たのでテレビを消そうか迷ったけど
胎児診断から出生時の様子、病状の進行など娘と似た過程だったので
見てみることにした
10万人に一人。原因は不明。
病態、複雑な手術方法の説明などは多少省いてる感もあった気はするが
一般の人にもとても分かりやすく解説されていたので良かったと思った
9歳の短い生涯、精一杯生き抜いた姿が、テレビにしては妙な誇張もなく淡々と
描かれていたのが逆に娘の姿と重なり涙が止まらなかった。

印象に残ったのは、
朝陽ちゃんが友達に、「朝陽ちゃん明日オペなんやろ、頑張ってな」と言われて
泣き出し、「頑張ってって言われたないねん。朝陽な、頑張ってるやん。
そやのに、もっと頑張らなあかんの?」と言い、この言葉に母親はなんて言っていいのか・・・と絶句した場面です。

私は何度、娘に頑張れといってるだろう。
ICUで意識のないとき、今夜が峠と言われたとき、
ギリギリのところで生命を維持していたとき、
娘の入院中、意識不明のときの記憶が残ってる、周りで何が起こっているか声が聞こえたり話していることが分かっていたというある患者の手記を読んだ
この本の出会いが私にとっては大きな啓示となった。
昏睡状態でも、意識がなくても、いつもいつも励ましの言葉をかけ、
日常のように絵本を読んだり、なんでもない話をしたり、空の色を教えてあげる
手を握りしめ、安心感を与えることがいかに大切かの確信をもっている。

そして信じること。信じぬくこと
中途半端な気持ちで何かが実現したことはあるだろうか
強い意志を持って、ひたすら信じることがある奇跡を起こすのだと思う
そして信じ続けるには心身の強さや明るさが必要不可欠ということも学んだ
娘が私の元に生まれてくれるためにヨガと私は出会ったのだと信じている
そして娘は言われなくても死ぬほど頑張って「今」生きているんだと思う
それが生きることなんだ
私はこれからも娘の大変なとき、やっぱり娘には頑張れと言うだろう
頑張って生きて
その魂を全うしてほしい

物事を受け止め方を変えること、明るくいること
シリアスな状況でも悲しい気持ちだけで生きていたくない
支えられる人間になるために、もっともっと自分を成長させたいと思った
娘に恥じない人間に成長したい

私は普段テレビのそういった情報は殆ど見ないようにしている
子どもの難病特集とかオペ、ハンディキャップの類のもの
お涙ちょうだい的な、感動をありがとう的な24時間テレビなども何年も見ていない。
昔から違和感があった。障害者は何か特別な頑張りをしないと認められないの?
別に感動させるために生きているわけではないのだろう。
感動してもらわなくてもいいからこういう人々がいるという事実を
知ると言うことが大切なのではないだろうか

実際はもっと日常的でそんなにシリアスなものじゃないような気がする
もちろん状況によってシリアスにならざる得ないこともある
でもそんな毎日なら心がもたない。
そこには普通のくだらない事でゲラゲラ笑えるような日常があるのだ

2010/11/09

自分をしるということ

石川 正一君は進行性筋ジストロフィー症を発病し
10才の時には歩行が出来なくなりました。
彼が創った素晴らしい詩を紹介します。
------------------------------------------------------
お父さんね
自分の病気を
自分がなにもしらないということは
いけないことだと思うよ
だから 全部おしえて
こわいから言うんじゃないよ
こうき心で聞くんじゃないよ
生きるということは
自分をしるということなんだよ
------------------------------------------------------
陶器をやきあげる釜の火は美しい
良い作品を生みだそうと
精一杯もえているからだ
そして 真けんに生きる人間の姿も また美しい
くいのない人生をおくろうと
精一杯もえているからだ
完全にもえつきること
それを目指して 生きて行きたい
------------------------------------------------------
人間の心なんて
積み木みたいなものなんだね
ちょっとさわれば
すぐくずれてしまう
だから神様の根を
心の中にたくさん
はらしておかなくてはならない
------------------------------------------------------
障害や難病、そのものが不幸なのではなく、
これを不幸として受けとめることが不幸を生むのだと思う。
ハンディがあることによって、社会や環境がこれを差別するところに
子ども達の不幸がはじまることを、親や社会は認知しなければならない
こういった子どもたちにもっと開かれた教育や芸術、質の高いQOLが大切なんだと思う
自分にも何か出来ることがあるはずだ。
自分の子どもだけではなく未来を担う命を輝かせるために
もっともっと真剣に考えてきたい



※筋ジストロフィーとは、筋肉に栄養がいきわたらないためにおこる一種の奇病。
足から次第に痩せ衰えていき、やがて全身の筋肉が萎縮し身動きできなくなってしまう。
最初におとずれる症状は、なんとなく歩行に困難をおぼえ、転びやすくなる。
腹をつきだし、背中を伸ばし、腰で重心をとるようにして歩きはじめる。
さらに進行が深まると、歩くことが不可能となり、手を上にあげることさえ出来ず、
そして車椅子に乗るか、寝たきりの生活になってしまう、だが、それだけではない、
そのほとんどの患者が、一五歳から二〇歳までの間に、死を迎える。
この病気は、病気の型によって相違があり、
現代医学ではいまだに回復のための治療法が発見されていない。(引用)

2010/11/06

やすむこと

ひさしぶりに
思いっきりやすんでみた
少し悪いと思ったけど その日の人と会う予定キャンセルしてみた

寝て 娘とごろごろして またいちゃいちゃして
気が向いたら リビングでヨガもどきのストレッチをして また娘と一緒にごろごろした
パジャマの上にコートを着て 夜は近所を抱っこでお散歩
冬に近づいてゆく この空気が好きだ
ひんやりしていて 澄んでいて 少し切ない 濃いブルー
二人して 会話の成り立っていない会話を楽しむ
楽しいな
こんな時間 そういや最近しばらく なかったことに気付いた
楽しいな 楽しいな
私にしては少し忙しすぎた
思いっきり一日やすんだら ひとつひとつの細胞がむくむくと生き返る感じがした
そしてまたやる気が出てきた
必要な休みだったんだね

明日からまたがんばれる

2010/11/02

今日も誰かの誕生日

10月最後の日、31日台風直撃
大きな窓ガラスから雨のうつ音
5週間にわたっての一つの学びあいが終わった

与えられたタイミングで人が集まるっていうのは、不思議な縁だと思う
お互いがお互いを引き寄せ合っていて、今のタイミングで
必要としているから集まっている仲間
沢山の学びをくれる大切な仲間であり、お互いを助け合える存在

命を与えられ、「今」生きていること
年を重ねる毎に、経験から過去が蓄積される
そしてその経験から得た気付きが、より物事を深く理解する力を与え、
また他者の痛みを思いやり、慈しみ、また不完全さを受け入れる器も育ててくれる
その為に「今」この出来事が与えられているんだと思う
辛いことや逃げ出したい嫌だと思うこと
それは単に悪いこと、苦しい出来事としてではなく
そこから自分が何を学ぶべきかを考えること
その体験を通してすべてのことは必要なときに
必要なタイミングで与えられるのだということを信じることができる

人生で起こるたくさんの素晴らしいことや、時に辛いこと悲しいことを経験するのも
全て自己を磨くためのSadhana

トレーニング最終日にみんなから頂いたお花
その気持ちが本当に嬉しくて 思わず涙があふれた

お花からは あまくやさしい香りがした
この花が枯れても
私はこの香りを忘れないの
お花屋さんを通ったとき、道端を通り過ぎた後にふと思い出す
お花は枯れてなくなっても どこかでこの香りに触れるたびに
少し切なくて みんなと過ごした 暖かくやさしい
「命」について学びあった あの気持ちに戻ることが出来る

いつでもスタート地点に戻れるように
学びを深めながらも
原点に戻れるように
いつもいつも自分を確認しよう
テクニックや周りの情報に振りまわされず
心のうちにある情熱や大切なものを見失わないように