2010/08/23

無償の愛:カルマヨガ

カルマヨガとは、
行為の結果に対する思いを放棄して、無私の心で思いやり、善行を施すこと。行動のヨガ
見返りを求めず、期待をせず、利己的な目的ではなく人に役立つ行為をすること。
マザーテレサや、マハトマ・ガンジー、子供に対する母親の無償の愛がよくたとえられる

でも私は思う
子どもが親に与えてくれるものもまた無償の愛だ
子どもは親のことを受容してそのままを愛してくれる
時には虐待や言葉の暴力があってもそれでも子どもはその親を求めるように

生まれてから子どもの小さいうちは親の与える世界が全てだ
悲しい事件を見るたびに思う
環境がなければ子どもは選択することも生き延びることも逃げ出すことも出来ない
大人には他の世界や関係もあるしそれを楽しんだり気分転換したりすることが出来る
行き詰ったとき、気分転換が必要なときはその時間を惜しまず楽しめば良いと思う
そしてまた子どもに愛を持って向き合えたら良いとおもう
子どもの見るこの世界は愛に溢れていて周りの人たちを信頼して
自分が愛されありのままを受け入れられている存在なんだと思って欲しい

正しい子育てなんて分からないし正解なんてないと思うけど
これで良いのだろうかと迷ったり周りの時々放たれる目に落ち込むこともあるけれど
どんな時でもそれを嘆いたり悲しんでいる母親の顔は見せたくないと思う
彼女から見る世界は楽しく愛に満ちた世界であって欲しいと思うから

いつも私を求めてくれる彼女から
私はたくさんの無償の愛をいただいている
おっちょこちょいで足りないところばかりの私を
愛してくれてとびっきりの笑顔をくれる。
ありのままで良いんだよと教えてくれるいとおしいひと

0 件のコメント: