2010/07/31

マタニティ&ファミリーヨガWS@BMY

2010.8/28(sat)
私の師匠、道子先生のスタジオでWSします!

8/28(sat) 11:30-13:00『 マタニティ ヨガ~パートナーヨガ』
       13:30-15:00『ファミリーヨガ』

場所:Body & Mind Yoga(横浜・関内)
金額:お一人様¥1,500(予約不要・お子様無料)マットレンタル¥200
質問や予約しておきたい方はこちらまで!
---------------------------------------------------------
WS1 『マタニティ~パートナーヨガ』

赤ちゃんとのコミュニケーション、
そして大切なパートナーのコミュニケーションをとっていきましょう。

前半は、通常のマタニティヨガを。呼吸法やウォーミングアップで心身をリラックス。
後半に、ご夫婦で、またはご参加いただいた妊婦さん同士で行うパートナーヨガやマッサージを行います。

ヨガの呼吸を練習することで、精神的に落ち着くと言われています。
心身のストレスを緩和させ、陣痛~出産のときにも役立つ呼吸法をご紹介します。
そしてアーサナで腰痛やむくみといった妊娠中のマイナートラブルを和らげ、足腰を丈夫にします。
出産、そしてベビーを迎える為の準備をしていきましょう!
ヨガが始めての方、ご家族で楽しみたい方、ぜひご参加ください。

10月から~Yoga For Women~Slow Vinyasa(マタニティ・プレマタニティ)がスタートします!

*妊婦の方は15週以上の安定期に入った経過の順調な方を対象とします。
担当医師の許可を得てた上でご参加下さい
-----------------------------------------------------
WS2 『ファミリーヨガ』

パパ、ママ、キッズ♪
ご家族全員でご参加いただける楽しいクラスです。
普段ヨガもしないパパもこの機会にヨガをしませんか?
ペアヨガやマッサージ、グループヨガで家族の絆を深めましょう。
お互いを信頼し支えあうことで1人でヨガをする行う以上に、
いつもより体が伸ばされたり開かれたりし、新たな発見があるかもしれません!
日ごろの疲れをキッズ&ママ&パパのファミリーパワーで吹き飛ばしましょう!
親子のコミュニケーションや調和を深めるとっても楽しい時間です。

10月からはYoga for Mom and Baby kids~energy & relax
(一ヶ月~二歳までのお子様連れOK)がスタートします!
-----------------------------------------------------

2010/07/25

ハンディキャップヨガ

昨日はハンディキャップヨガの日
聴覚障害の方から色々聞かれてジェスチャーなど駆使してみたが
色々お話したり伝えたいと思ったけど。。。けど。。。
なかなか伝わらない(笑)
そして手話って動きが美しい。指先まで繊細な感じ。
今後のために手話、ちゃんと習おうかなぁ
自分の名前を伝えるだけで手がつってる私。頑張ろう!

ヨガフェスタのハンディキャップヨガももうかなり集まっているようですね
私も当日はアシスタントとして入っています
興味のある方は是非!

2010/07/24

眠りにつくまえに


やわらかい肌
透き通った目
小さな小さな歯
あかちゃんのにおい
ほそい指
まぁるいおなか
むねのきず

そのすべてがいとおしい
一日生きることってすごいことだ
娘がおしえてくれる
今日一日元気でいてくれたことに感謝の気持ちがいつもあふれてくる

ゆっくりゆっくり
あかちゃんから少しずつこどもになっていく

時々先のことを考えて心配になるけど

そのときはこの言葉を思い出す。
「三歳までは神様のように育てなさい」
インドに行った時に知人から言われた言葉

二十代のあの頃、その言葉はあまり心に響かなかったが
今ならそれを言ってくれた意味が理解できる

昨日の母との電話「生きているだけで有難いんだよ。それ以上望むことはないの」と言われた
生きてさえいれば。本当に生きてさえいれば私たちはいくらでも成長出来る
それは人と比べての成長ではないのだ
娘の経験がそれを私に教えてくれる

私の好きなスートラの一説
他人の苦しみを見て心を痛めるのは確かに苦しい。
だがそれは、最終的にはわれわれのハートとマインドを広げ、わたしたちに大きな理解の力を与えて、われわれを安らぎの内に置く。YS(1ー5)

人にはどんなに理解しようとあがいたところで
そのときが来るまでわからないものがある
でもその体験をより深く味わうために学び続ける
世界が拡がる瞬間を味わうために
「苦」も「楽」もどう生かすかは全ては自分次第

2010/07/21

Tomorrow Never Comes by Norma Cornett Marek

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

最後だとわかっていたなら
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦
-----------------------------------------------------------------
私たちの存在そのものが愛であり、愛こそが到達点なんだろう。

欲しがるのではなく与えること、感謝すること、「今」この瞬間本気で向き合うこと、楽しむこと、喜ぶこと

愛を学ぶためにヨガというツールがあります。

当たり前のような毎日は「今」しかない「新しい日」なんだと言うことを
ヨガは教えてくれる

そのために意識を「今」ここに向ける練習をする
yoga chitta vritti nirodhaha

2010/07/20

視点を変えること

先日、カムジー先生のリズム遊びコンサートに娘と行ってきた。

カムジー先生の愛が溢れていて還暦を過ぎているとは思えない
パワフルさ、子どもと真正面から向き合っていて何より自分自身が心から楽しんでいるのが伝わるようなエナジーとパフォーマンスに子どもだけでなく大人もワクワクするような時間。 その素晴らしいこと!

インパクトのある外見と、繰り出される音のリズムに合わせて
たくさんの子どもたちが本当に楽しそうにしている中、 娘は全然参加する様子はなく、目を放した隙に勝手に靴を履いて帰りだそうとする始末(笑)
いつもと同じパターンかな~と少し残念な気持ちで娘に付き合っていると
少しずつ移動しながらさりげなく前に!
そして音がダイレクトに聞こえるようになると輪の中には入らないけど楽しそうな様子でウロチョロ。
今までもリトミックなど何度か参加したことはあるけど 、どうしても輪の中に入れない、状況によって興奮してパニックになってしまうことが多い娘は 「決められたことをやる」と言うルールに敏感に反応してそこから抵抗が生むことが多い。
「こうさせよう」と言う先生のエネルギーを感じ取るのだ。
私自身も「今」この時期だからこそ彼女が思うように自由に色々なことを体験して味わって欲しいと思う。 でもなかなかそういった先生にお会いする事は少ないのが現実

終盤に差し掛かって娘は相変わらずちょろちょろ落ち着きなくいたんだけど
最後は他の子どもより誰よりも早くカムジー先生のところへ言って握手を求めていた(笑)
カムジー先生のwebサイトにも書いてあったけど本当に子どもたちのアイドル的存在で
最後は大勢の子どもたちがカムジー先生の周りに集まって握手を求めたりくっついたり。
みんなそれはそれは本当に楽しそうな良い笑顔。
子どもって本当に真正面から向き合う大人にはすぐ心を開くんだなぁと改めてその姿にも感動。。。

娘が前で落ち着きなく動いたり話を遮ったりしてしまったので最後に「すみません」と謝ったら 、カムジー先生は
「お母さん、ここで子どもを褒めないでどうするの?
たとえば私たちが何万にものコンサートで一人前に出て行くってすごい緊張するでしょ?
お子さんが後ろからこうして前に出てきたことって
それと同じ位、勇気を出して来ているすごいことなんだよ。
いっぱいいっぱい褒めてあげて」と目の奥を見るように言われた
私はその言葉を聞いて涙が溢れた。なんてなんて愛があるんだろう。
そして決められた「枠」からではなくその子ども一人の個性をちゃんと認めてくれる。
その心から伝えたいメッセージがダイレクトに私の心に入ってきたから涙が出てきたんだと思う

カムジー先生いわく、子供と接するのに大切なことは
子供の目を見て話してあげることとおっしゃっていた。
「携帯見ながら、TV見ながら子どもの話を聞いてるようじゃダメ。
それで子どもに人の話をちゃんと聞きなさいって言っても伝わると思う?
子どもの目を見てちゃんと褒めること。話を聞くこと」
「心に伝えた事は忘れない、心に伝えないと、伝わらない」
「子どもの表情を明るくするのは、親が笑顔でいること。楽しむこと」

そういえば最近、娘の視点でものを見ていることが出来てただろうか。
親の立場から色んなことを娘に要求していて、子どもの目線で見ていなかった気がする。
視点を少し変えることで価値観は大きく拡がっていく

枠にとらわれることで、彼女の本来持っている良いところがなくなったり埋もれてしまわないように。 彼女の感覚の世界を私自身も一緒に楽しんで生きていきたい。

2010/07/12

「今」を生きる


子どもは「今」を生きる天才だと思う

時々、こちらの都合で付き合いきれず
「もぉ~!!!」とか「ちょっと待って!!」と言いたくなるけど
少し心を鎮めてその場にいれば
子どもの要求はとてもシンプルだ。

ただ自分だけを見ていて欲しい。
抱きしめて欲しい。
相手をして欲しい。

「ちょっと待って」のその理由をふと改めて考えれば
子どもの「今」に向き合うことのほうがよっぽど大切なことに気付く。

「自分」と言う存在をこれほど強烈に求められたことはあるだろうか。
娘が私にこの世に存在していることの素晴らしさをいつも教えてくれる、

私が出来ることは、見守ること、抱きしめること
「今」この瞬間を十分に味わうこと。
それはヨガそのもの。

娘を抱くとき、胸に手を当てるとき
お互いのアナハタチャクラが共鳴していつも涙が出てくる。
胸骨のセンター、彼女にとっては何度も何度も傷をうけたところ
この涙は彼女のものなのか私のものなのか、

どうか解放できますように。

2010/07/10

マタニティヨガTT@札幌


6月末の週末から二週かけて五日間のマタニティTTが終わりました。
いつかは地元札幌で絶対にマタニティトレーニングがしたい!と思っていました。
今回やっと実現!!本当に嬉しくて楽しみで数日前から遠足に行く子どものように
ワクワクしていました。
飛行機初の娘と一緒に二週間の出張&帰省です!
(その前の準備は色々ありましたがこのトピックはまた後日)

札幌初開催&スタジオヨギーは北海道にはないので少人数かなと思っていましたが。。
札幌だけでなく北海道の様々な地域から何と18人の方が集まってくれました!
助産師さんが多く、そしてヨガインストラクター、それ以外にも皆さん様々なバックグラウンドを持つ本当に素敵な方ばかり。
中には以前東京でヨギーに通っていた方も!

想像していた以上に皆さんのレベルも意識も高く、質問もたくさん!
みんなとディスカッションしながらたくさんの話をしました。
マタニティのトレーニングはもちろんティーチャーになるための様々な知識やテクニックも学びますが、それ以上に自分のスピリチュアルな部分にも触れます。
時には涙が出たり苦しいと感じたこともあったかも知れません。
単なる「マタニティヨガエクササイズ」ではなくヨガの哲学、思想を学ぶことで
それが妊娠中の不安定な心や産後のアンバランスを助けてくれる心を強さを養ってくれるのです。
昨今、子どもを取り巻く悲しいニュースが毎日のように流れています。
「命」を支える周りの大人の心の安定がとても大切なんです。

当初予定していたより、より深くたくさんの事が伝えらたと思います。
でも、まだまだみなさんには伝えたいことがたーーくさんあります!
産後ヨガのこと、ベビーのことも伝えたい。今年の冬か来年夏あたりにどこか借りて
WS出来たら良いなと考えています。
(そのときはタマナさん!会場探しお手伝いお願いします!(笑))

みなさん既に十分なキャリアを持っている方ばかりでしたが
みんなの吸収したい!たくさん学びたい!というエネルギーが本当に素晴らしくて
そして新しい教えに心をオープンに出来るその受容性にもとても感動しました。
私もみなさんからたくさんの学びを頂きました。
こうして良いエネルギーの交換が出来て
それをまた誰かに伝えていけると良いなと思います。

みんながそれぞれの状況で今回とても大変なスケジュールの中
ここに来てくれていたことを知っていました。
それでも誰一人減ることなく最後までここにいられたこと。無事に卒業出来たこと。
みんなの笑顔や涙が見られたこと。私にとって最高のギフトでした。
初日と最終日の顔はみんな変わっていました。
本当に本当にありがとうございました!
そしてこれからもよろしくお願いします☆また飲みにも行きましょう(笑)


今回参加してくださった
札幌・円山でヨガを教えているヒロコさんblog
北海道・美瑛でヨガを教えているミカさんblog
札幌や江別でヨガを教えているこずえさんblog
お近くの方は是非!みんなとっても素敵なyoga teacherです。
他の方もblogあれば教えてくださいね☆

今回初札幌で開催OKしてくれたスタジオヨギーにも改めて感謝です!