2011/10/15

運動会


先日、四歳の娘の通う保育園の運動会がありました

子どもたちの個性溢れる豊かな命の輝きに、感動する気持ちを運動会で味わいました
三年前のちょうど今頃、
大きな手術の後に歩くことも走ることも難しいだろうと医者から言われた娘が「今」走っている姿
リレー競争で誰よりも遅く、でも何だかとても楽しそうに、のんびりゴールに向かうその姿
その様子を急がせることなく、たくさん応援や拍手をして迎えてくれた先生や観客の方たち
途中で疲れてしまい、椅子でうたた寝している娘の手をそっと握ってくれた隣のお友だち

ヨガでも私達の本質は愛そのものと言われますが
誰に教えられたわけでもなく
小さな体の子ども達には大きな愛が、思いやりがぎゅっと詰まっていました

最後はそれぞれ自分の子どもに家族の手作り金メダルを首にかけておしまい
みんながオリジナルの一等賞です
その首にかけたメダルを見た子どもたちの嬉しそうな顔ったら!

ちなみに禅の教えで言う「一」は誰かと競い勝ち取った一等賞ではなく、己を知り
「世界に一人しかいない特別な存在」と言う自信を持って生きていくことと言われています

色んな個性があって 他の誰でもない自分の命そのものを楽しんでいる姿と言うのは
それはもう素晴らしい輝きを放っています
目の前のことを、純粋に楽しんでいる時と言うのは本来のエネルギーが充分に満ちている状態
だから子どもって、スポンジのようにどんどん色んなこと吸収して受け取って成長していくパワーが早いのだと改めて思いました
大人になると時々忙しくて、忘れてしまいそうになるけれど私達も本来はそういう存在、命なんだよと子どもにまた教えてもらいました

ジャッジメントをしたり、外の価値観にあてはめたり、褒める理由にこだわらなければ
「今」この瞬間に、金メダルは日常に散りばめられていて気付けば、いつでも、それをそこにいる子どもたちみんなに、惜しむことなくどんどんかけてあげることが出来るのだと思いました
本当は他の誰とも比べることなんか出来ない、唯一無二のそれぞれの命がその命のペースでちゃんと成長している。その子どもたちの成長をいつも喜べる自分でいたいなと思いました

日常にあるたくさんの宝物を大切に
子ども達が、のびのびと生きやすい世界が拡がりますように

2011/09/12

中秋の名月


8月の何かに必死に戦っているような暑い空が、「また来年」と去っていき
空が少し高くなり、空気が澄んで秋の匂い「一年ぶり」と9月がやってきた
私は毎年この時期からの変化が大きい

美しいまんまるな月
今夜は中秋の名月

中秋の名月は、秋の収穫に感謝し、その年に収穫された里芋や枝豆などをお供えしたのが始まり
実りの秋「豊作への祈り」が込められて「中秋の名月」の「お月見」の習慣が生まれたとのこと
森羅万象、自然の恵み、人間を超えた大きな存在への祈りが込められた意味合いの強い行事
だから「お供え」する事に意味がある

さらに、お月見と言えばすすき。これも、中秋の名月でお供えすることが一般に行われる
子どものとき、お月見団子をみんなで作り、毎年近くの山に母と妹と探しに行ったのを思い出す

いろいろな食べ物をお供えして月を愛でる
秋は、いろいろな作物が収穫の時期を迎える
枝豆、里芋、そして団子の材料となるお米なども、秋が収穫のシーズン
月は、ほぼ30日で満ち欠けを繰り返し、夜空で規則的な満ち欠けをする月は、古来からカレンダーとして重宝されてきた
種まきや収穫の時期をいつにするかといったときに、昔から月の満ち欠け、あるいは月の満ち欠けを基準とした暦を頼りにしてきた
そういった、農耕に役立ってきた月に感謝の意を込めて、収穫された作物をお供えして感謝の意を表した、ということがそもそものお供え物の意味だったそう

母が大切に、毎年当たり前にやってくれていた意味を、その豊かさを想う
たくさんの季節の行事、その意味、そこからの想い

こどもの情緒を育むということ
日本人として日本の四季や行事の意味を知ること、今ここに繋がっている

日常の忙しさにまぎれていると、時々忘れてしまう
今の居場所で立ち止まって振り返ってみる、お月さまを見てみる

穏やかで、静かな世界が広がる

今 わたしがここにいること
今 あなたがここにいること
命や想いは繋がって 巡りめぐっているということを

2011/08/10

ヨガ for ママ&ベビー+キッズWSのお知らせ@北千住

8月31日水曜日、夏休みの最終日にワークショップを開催します

テーマは、「ヨガ for ママ&ベビー+キッズ」

1歳から未就学のお子様連れで参加できる、ママのためのヨガクラスです。
場所は北千住に新しくできた「スパンダ・ヨガスタジオ」(http://spandayoga.net/
時間は14:15~15:30の75分間です

「子どもを預けたりする手間を考えると、なかなかスタジオに足を運べない!」
「子連れでもヨガの練習を深めたい。。。」
私自身、そんな声をよく耳にしていました

子どもたちは元気で生き生きとしたお母さんが大好き!
子育て中の体と心を整えるヨガにお子さんと一緒に参加してみませんか?
このクラスが、お子様にも、ママにとっても、最高に楽しい時間となりますように

このブログをご覧いただいた方には、なんと、特別優待が受けられるということ

方法は
① スタジオの予約ページに、このブログのことを書いてお申し込み
② ワークショップ当日に、スタジオでこのページを携帯などで見せる
③ 見せなくても、スタジオで「カオ先生のブログ見て来ました」と言う
このどれかでOK!
プリントアウトなどはしなくてもいいとのこと。エコですね

ご参加お待ちしています。
詳細はこちら⇒http://www.spandayoga.net/information0805_kao.html

2011/07/04

笑ってヨガとも!

コラム書かせて頂きました
お題は、ヨガを楽しむ方法
良かったら読んでみてくださいね

http://www.yogini.jp/friends/

2011/06/27

札幌WSのお知らせ

札幌の素敵なヨガスタジオ、ヨガシャラさんのご好意で
WS会場、時間、金額が変更になりました!
ご予約いただいている方には後ほどご連絡します

■YOGA FOR WOMEN

妊娠をのぞむ世代、子どもを育てる世代、自分の人生を考える円熟した世代、
私たち女性は、年齢を重ねるとともに、ホルモンバランス、自律神経のバランスなど変化をもたらします
このWSでは主要なリンパ腺のバランスを整えることにフォーカスします
リンパ腺のバランスが整うことにより、女性の体のホルモンバランスもよい状態に保てるようになります。
バランスが整うことで体の代謝も良くなり、心の不安感を和らげ、落ち込みがちな気持ちを高めることができます。

アーサナで体を開き、たっぷりエネルギーを流した後は、プラーナヤマで心の落ち着きを。
最後は瞑想で自己の本質に触れ、本来の落ち着き、葛藤のない心の穏やかな状態になり
他の誰でもない自分自身であることを喜べることを体験してみませんか
すべての女性のためのWSです

【日時】7月8日(金) PM18:30~20:00
【会場】ヨガシャラ
【受講料】¥3000(マットレンタル込み)
【予約・お問い合わせ】kaori.yogini@gmail.com

想い

やはり どんなことがあっても

他でもない 自分の心底の直感に信頼をおいて選択し 生きていきたいと改めて思う

2011/06/04

先入観

毎朝の瞑想

如何に自分が先入観を持って物事を見ているかと改めて思う

これが自分(の考え方、あり方)だと思っていることも、
実際には育った環境や文化、習慣、経験、記憶などに大きく影響されている
「こういうものだろう」「多分こうだろう」「今までもこうだったから」といった先入観や
思い込み、条件付けだったり、過去の記憶からのイメージ、だったりする。
この世の中で生きていくうえで、いろんな種類の服を纏い、いつのまにか素肌が隠れてしまうほど重ね着をしてしまっている。
そんな感じ。でも、それはあくまでも自分を守るための服であり、決して自分自身ではないのだ

瞑想の練習は、その重ね着した分厚い服を一枚ずつ脱ぎ去って作業のようだ
脱ぎ去るには、過去を手放す勇気も必要
そうして少しずつ脱ぎ去った先には、真の自由が、自分自身の本来持つ豊かな生命力が満ちている

先入観を持たない世界は如何に驚きに満ちていて
その世界は輝いていることだろう
子ども達の目の輝きがそれを教えてくれる

私達は本当はそういう世界に生きている
そして、私達は意識を持ってそれを選択する自由が与えられているんだと思う